JOC
  
BEIJING 2008
2008/08/07
【ウエイトリフティング】三宅宏実選手らが記者会見

8月6日の夕方、オリンピック選手村の記者会見場でウエイトリフティングの記者会見が行われ、三宅宏実選手が小宮山哲雄男子監督、長谷場久美女子監督、三宅義行コーチとともにオリンピック本番への抱負や現状を語った。

最初に小宮山監督が、堰川康信選手、山田政晴選手、新谷義人選手の状況について、試合を想定した練習・調整を順調にこなしていると説明。長谷場監督からも「三宅選手、大城みさき選手、齋藤里香選手とも、ケガもなくこの日を迎えられてホッとしている」と、男女ともに順調な仕上がりであることが伝えられた。

9日に試合を控えた三宅選手は「アテネの悔しい経験を生かして、今回は結果を出したい」と意欲的にコメント。今大会のメダル第1号の期待があるがとの質問には、「プレッシャーは感じるが、それを力に変えたい」と力強く答えた。また、三宅コーチは「アクシデントもなく思ったとおりに調整できている」と、自信をのぞかせた。

○関連リンク
ウエイトリフティングのみどころやスケジュールはこちら     http://www.joc.or.jp/beijing/sports/weightlifting.html
ウエイトリフティングチームのプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/beijing/athlete/weightlifting/


2008年のニュース一覧へ戻る