JOC
  
BEIJING 2008
2008/08/07
【水泳・競泳】松田丈志選手、北島康介選手、柴田亜衣選手、種田恵選手、中西悠子選手らが記者会見

8月7日午前、オリンピック選手村の記者会見場で水泳・競泳の記者会見が行われ、出席した上野広治監督、松田丈志選手、北島康介選手、柴田亜衣選手、種田恵選手、中西悠子選手が、9日から始まる競技本番への意気込みを語った。

金メダルが期待されている北島選手は「プレッシャーを感じないわけではないが、このオリンピックを楽しみにしているし、強い気持ちもあるので、自分にとっていいプレッシャーにできる」とコメント。さらに「午前中に行われる決勝を想定した練習も積んできたので、不安はない。北京には、世界記録を破るつもりでやってきた。自信はある」と力強くつけ加えた。

柴田選手は「400m自由形の予選からベストタイムをねらって全力で泳ぐ。予選をしっかり泳げば、400mの決勝や800mの結果につながる」と、スタートの大切さを強調した。

初日の400m自由形予選に臨む松田選手は、「いい記録を出してチームに勢いをつけたい」と、先陣を切る心境を語った。

アテネオリンピックの200mバタフライで銅メダルの中西選手は、「100mバタフライの予選からしっかり泳いで200mにつなげたい」と、前回以上の成績を目指すと語った。

種田恵選手は「会場にさまざまな国の選手がいて、いよいよだなと思った」と、湧き上がる闘志をみせた。

上野監督は「アクシンデントもなく、ここまでの仕上げは100%。チームも結束しているので、いいスタートを切りたい」と、順調な仕上がりを強調。アテネオリンピックに匹敵する成績を挙げたいと目標を語った。


写真提供:アフロスポーツ

○関連リンク
競泳のみどころやスケジュールはこちら     http://www.joc.or.jp/beijing/sports/swimming.html
競泳チームのプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/beijing/athlete/aquatics/

左より松田選手、北島選手、柴田選手、中西選手、種田選手


2008年のニュース一覧へ戻る