JOC
  
BEIJING 2008
2008/08/19
【自転車】ケイリンで、初のメダルを獲得した永井清史選手が記者会見

自転車のケイリンで、日本人として初めてのメダルを獲得した永井清史選手が、8月19日午後、JOCジャパンハウスで記者会見を行った。

永井選手は、銅メダルについて「日本が発祥のケイリンで初のメダルを獲得できたのはうれしいが、アテネ大会の(チームスプリントの)銀メダルを超えられず残念。時間がたつにつれて悔しさが増す」と、うれしさと悔しさが入り混じった心境を明かした。

また今後については、「世界のトップ(選手)とは差があるので、(2012年の)ロンドン大会の前には、本業の競輪を1年くらい休んで競技に専念したい。次は金メダルを獲りたい」と、4年先への思いを語った。

写真提供:フォートキシモト

○関連リンク
永井清史選手のプロフィールはこちら     http://www.joc.or.jp/beijing/athlete/cycling/nagaikiyofumi.html

銅メダルを獲得した永井選手


2008年のニュース一覧へ戻る