第29回オリンピック競技大会(2008/北京) チームジャパン、いざ北京へ。

柴田亜衣選手、中西悠子選手(水泳・競泳)

 

柴田亜衣選手  女子800m自由形

日本選手権では400mでオリンピック派遣標準記録を切ることができなくて本当にショックでしたが、その分、800mは何が何でも切ってやろうという気持ちで臨みました。決勝では左のオープンが大きくなってしまい、泳ぎを崩してしまったので、今後はそこを修正しながら練習に取り組んでいけば、北京オリンピックではいい泳ぎができると思います。(4年前に初めて出場した)アテネオリンピックの時とは違って、『オリンピックでタイムを出したい』という気持ちが強いので、これからさらに自分を追い込んでいいタイムを出したいと思います。不甲斐ないレースはしたくないので、最高の泳ぎができるように気を引き締めていきたいです。

 

中西悠子選手  女子100mバタフライ、200mバタフライ

調子の良い状態で臨めた日本選手権では、100mで58秒52という日本記録を出せて、自分でもビックリの一言です。200mでも2分06秒38の日本記録でしたが、本当は2分05秒台を狙っていました。05秒台を出さないと、世界とは戦えませんから。 北京オリンピックは心から楽しみたいです。ベテランの意地を見せて、27歳でもやれるんだというところを見せたいと思います。そして、いつもとは違う色のメダルを狙いたいです。

(2008.6.12掲載)