JOC
 / オリンピック / アテネ2004 / アテネニュース / 「寝ないで応援! がんばれ!ニッポン!」8月29日 開催!
   
2004/08/31
「寝ないで応援! がんばれ!ニッポン!」8月29日 開催!

8月29日のゲストは、陸上競技走り高跳びで現役を続けており、本日も試合を終えて駆け
つけて頂いた野村智宏さん。応援団長パンチ佐藤氏とともに最終日のステージを盛り上
げて頂いた。

まずは、陸上棒高跳びで20年ぶりに決勝に進出した澤野選手の健闘に対し、野村氏は、
「昨年の世界選手権で決勝に残りながらも(肉離れのため)決勝の舞台に立てなかった
雪辱を果たした。良く頑張ったと思う。」とコメントして頂いた。
パンチ佐藤氏から、跳躍競技の練習方法について聞かれると、「基本は走ること。ジャンプ
力を鍛える練習としては、ハードルと、縄跳び。」と答えて頂いた。

次に400メートルリレー、1600メートルリレーの4位入賞に関し、ここまで強くなった要因
についてパンチ佐藤氏から尋ねられると、「日本チームの特性を活かす練習を繰り返し合宿
で行ってきたこと。まずは、バトンパスでいかにかせぐか?次に、各人のそれぞれにあった
走り方で個性を伸ばしたこと。」の2点を挙げて頂いた。

また今夜行われる男子マラソンに出場する日本人3選手に対しても、「オリンピック全競技
のメイン競技であり、閉会式の中でゴールすることができる特別な競技であるので、完走・
入賞目指して頑張って欲しい。」と野村氏よりエールを送って頂いた。

最後に、野村氏より雨の中、会場に駆けつけて頂いた来場者に対し、「オリンピックとは、
これまでの自分のやってきたことを表現する場である。努力すれば必ずその舞台に立てる!
誰にでもチャンスはある。」と力強く語って頂いた。

また、「我ら!がんばれ!ニッポン!応援団」のステージの締めとしてパンチ佐藤氏より、
「今大会は、皆の声援が選手に通じて、ここまでの成果を選手もあげてくれた。逆に我々も
選手から力をもらった。この力を明日からの自分たちの生活に是非活かしていきましょう!」
と熱く語って頂いた。

期間中、会場まで足を運んでいただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

○関連リンク
会員組織チームがんばれ!ニッポン!ホームページ     http://www.joc.or.jp/support/index.html
東京ドームシティホームページ     http://www.tokyo-dome.co.jp/

アトランタオリンピック出場写真を背景に走り高跳びで跳んでいる瞬間              の気持ちを紹介する野村氏(ステージ中央)

マラソン男子の3選手にエールを送る


2004年のニュース一覧へ戻る